境界性人妻狂想曲

engii.exblog.jp ブログトップ

あ、まずい

フユから電話がこない。

日誌を書き始めた途端これだ。
僕自身の感情や思考のゆらぎをさらに客観的に見る為でもあるブログなので、素直に考えや気持ちを書く。


土日でもなく、別れる別れないとやりあっている時以外で電話がこない時など今までなかった。
メールは特に6日も来ていない、これまでを思うとありえない日数だ。
ブログを書き始めた事により、フユの事を反芻して記事にするのでフユに対する想いが募ってしまうんじゃないかと危惧していたが、案の定な感じだ。

不安。

それも、思い当たるふしがいくつかあるからだ。


・・と、ここまで書いたらフユから電話がきた。
"思いあたるふし"が内包されていた。
読みがある意味的中していた事にがっかりで、この先の関係が終わってしまう可能性が高い内容。
要約すると、


新しく始めたバイトでストレスが溜まって、普段気が付かない旦那も気づく程ヤバイ精神状態。
今日は電話かけるまで携帯ほったらかしで一人ひきこもっていたと。
そして一言、"簡単に言えばrurupokuいらない"。


怒りの感情もなく、さらっと。
さらっと、"いらない"。

"いらない"と何度も言われた事があるが、ここまで感情の乱れなく言われた事は初めてだ。
"甘え"でも"試し"でもなさそうだ、これは。
バイトでストレスが溜まるのは今始まった事じゃない。
僕と同じバイトをしていた時もそうだった。
今までのフユなら、そのストレスを僕にぶつけていたはずだ。

フユが電話で言っていた内容が本当でも嘘でも、"いらない"の信憑性は今回高い。


思いあたっていたふし。
新しいターゲット(依存)相手をみつけたか、境界例症状の波の底辺の時期か、最近かまってくれない"ニヤケ"にやられている事を"投影"して僕にやっているのか、どれか。

フユが境界例でなくとも、ニヤケがでてきた事で僕が"ピエロ"なのは変わりない。
このまま進むとすると、ブログタイトルが"依存性独男狂想曲"になってしまいそうで恐ろしい。

依存を取り外さないとだ。
今月の真ん中辺り、僕は仕事で一週間地元に居ない、電話もろくにできないだろう。
それまでもフユと僕の関係がこんな感じならば、一週間後どうなっているか分からない。


「適当にまた電話しておいで」
「うん、わかった」


またねーっと、お互い普通に電話を切った。
[PR]
by rurupoku | 2011-10-03 14:22 | 境界性人妻狂想曲
line

高機能型境界性人格障害の人妻との交流日誌


by rurupoku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite