境界性人妻狂想曲

engii.exblog.jp ブログトップ

"高機能型"は只の"性格"説

忙しい。
この数日は仕事の準備に追われてた。
それでも時折フユの事が思い浮かんでは胸が痛み、連絡をとりそうになっている僕自身に喝を入れる。
散々とんでもない事言われてるのにね。
その"とんでも"を境界例特有の求め"からくる"僕個人に向けられたもの"と思ってしまうからこそ、惹かれてしまうのだろうか。

フユの"境界例"の経過を実際のセリフで表現すとこうなる。


【初期】
「今ね、旦那がお風呂入ってるの。その隙に電話しちゃった」
「あ、そなの?(かわいい)」

【中期】
「(PM9:00、いきなり)もうすぐrurupokuの家に着くよー、早く家からでてきてー」
「え!?ちょ、わかった」

【後期】
「(PM110:00)どうしても買いたい物があって隣町へ向かってるの。一緒に行きたいからでてきて!」
「え!?ちょ、わかった」
「あー、もうrurupokuの家の近く通り過ぎちゃった」
「ええ!?もう家でる寸前だったよ」
「rurupokuが早くでてこないのが悪い!」
「それはおかしいだろう・・(云々)」
「なに?お説教?こうやって話してる間にも電車でこっちに向かえばいいじゃん!」
「はい?」
「フユのこと好きならそうするのが当たり前でしょ!」
「・・それしたら調子にのって毎回になるだろうし・・会いたいのはフユも同じハズじゃ・・」
「調子にのるとか、そういうの嫌い!フユだって会いたいのは行動みれば分かるでしょ!」
「うん?(わかんねーよ 笑)」
「もういい!連絡してこないで!」

"会いたいからこそ連絡した"って言い分なのはわかるけどね・・。


自傷行為をしない"高機能型"は人格障害なのか、只の"性格"なのかという議論が海外でおこなわれているらしい。


高機能否定派は"ただのわがままなんです"と言いたいのだろう。

「今までずっと男の人にチヤホヤされてきたのに」

前のバイトで、オーナーに冷たくされて吐いたフユのセリフ。
フユの"故意"なのか"自然"にする事なのか分からないが、対人操作にオーナーはハマらなかった。
それが原因でフユはバイトを辞めた。
実際はニヤケとの関係を察した主婦たちによって"告げ口"された事が"冷たくなった"原因なのだが。

フユは過去、男の上司に取り入って今まで仕事をしてきた。
アパレルでは、本来自分で買って売るハズの洋服をオーナーが買っていてくれたし・・
事務職では、会社の人事がフユの一言で変えられた(後ろから抱きしめられる、とかいうセクハラをうけたらしいが)

仮に"今までのチヤホヤ(される様にフユが仕向ける)"が原因で境界例的な性格が身についただけだったとしても、説明できない部分が勿論ある、が、"性格"だとしても、


フユの"高慢さ"に意を唱えていた僕は消される。


それは、僕がフユの良い所も悪い所も全てを受け入れて抱擁しようとした瞬間を見計らって。
僕から別れをきりだしていた頃と違い、


気持ちを揺さぶられる事もなければ、高慢なプライドが保てるからだ。


この切り口だと"境界例"なのか"性格"なのか分からない。
僕とフユの関係が"性格"によるものだとしたら、


僕はフユの"性格"を見誤って、ニヤケは上手くやった事になる。


"性格"が関与している事も否めない悲しい現実だ。
[PR]
by rurupoku | 2011-10-11 00:19 | 境界性人妻考察
line

高機能型境界性人格障害の人妻との交流日誌


by rurupoku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite