境界性人妻狂想曲

engii.exblog.jp ブログトップ

狂想曲、第二部開演

ブログを更新しなくなって数か月。

"フユ"という境界性人妻に翻弄され取り乱した僕がフユへの依存から解き放たれようと始めたブログだったが、結局は時間が解決してくれていた。

"フユ"とコミュニケをとらなくなって半年あまり。
僕自身の環境も変わりあわただし流れる時間の中で時々思い出したりはするものの、以前ほどの強烈な悲しい気持ちには至らなくなっている・・が、散々振り回されたのにも関わらず思い出した時はまた会いたいと願ってしまう僕だ。


あの子供っぽさが純粋に見えてならない。


不思議と嫌な気持ちが薄くなっている。
残ったのは楽しかった想いと頭をなでたい衝動だけ。
ニヤケに対する嫉妬心も今はもうない。


今月の初め、車で滑走するフユをみかけた。
・・みかけたというか、なんというか。
"フユ"が乗っている同じ車種の車をみかけるたびに視線を走らせていた僕。
嬉しさと切ない感情がこみ上げるのと同時に、フユの子ハルちゃんの誕生日が近い事を思い出す。
もうすぐ3歳。
むちゃくちゃ喋るようになっただろうな。
依存から解放された今なら、今ならきっと、境界性人妻と冷静に会話できるだろう。
ハルちゃんの誕生日にかこつけてメールしてみようか。
返信は期待せずに。
なにせ"いらない"と切られた立場だ。
そう決めていた誕生日の前日、ありえない事が起こった。


フユからの着信。


考えるよりはやく指が動く。


「もしもし?」
「・・・・」
「もしもし?フユ?」
「・・・・」
「・・・どしたぁ?」
「・・うん・・えっと・・・」
「ん、どしたんさぁ?」
「・・うん・・」
「なにかあった?」
「・・ううん・・別に・・・」
「どした?言ってみ、大丈夫だから」
「・・うん・・」
「まさか連絡くると思ってなくてびっくりしたよ!」
「・・うん・・」
「大丈夫だって。最初の頃に言った通り、どんな関係でも一生つきあいは続けたいって言ったでしょ?」
「・・変わってるよね。こんな女の相手なんかして・・・」


ああ、変わってるさ。
その変人にコンタクトをとる"フユ"も"変わってる"よ。

ニヤケとの不倫がバレたのか?
それとも"境界例"が完治して・・・ありえないな。


再び、狂想曲が鳴り始める予感がする。
[PR]
by rurupoku | 2012-03-22 23:17 | 境界性人妻狂想曲
line

高機能型境界性人格障害の人妻との交流日誌


by rurupoku
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite